ホーム > サービス一覧 > 電話サポート

電話サポート

ヘルプデスク・コールセンター

お客さまのサービスや業務に関するさまざまな電話サポートを代行。
規模や条件に応じて最適な方法をご提案。

一般的なカスタマーサービスから高度な技術知識が必要なテクニカルサポートまで、お客さまのサービスや業務に関するさまざまな電話サポートを代行します。「拠点型」「お客さま拠点常駐型(インハウス)」「在宅型」など、業務の規模や条件に応じて最適な方法をご提案いたします。各フェーズ、必要部分のみの提供も可能です。

コールセンター構築

  • 構築までのコンサルティング
  • システム・設備の提供
  • センター設計、構築
  • 人材確保・育成
  • 運用管理、支援

コールセンターの運営

  • 指標策定(KPI)
  • 業務量管理(リソースコントロール)
  • スタッフ管理
  • 品質管理サイクル(PDCA)
  • 人材確保・育成

規模・条件に合わせて対応

  • 拠点型センター
  • お客さま拠点常駐型(インハウス)
  • 在宅型(拠点型センターとのハイブリッドで運営)

当社の強み

在宅型コンタクトセンターを提供可能。拠点型センターと同等以上の応答率・生産性・品質を実現。

ご希望のお客さまには、在宅スタッフと在宅型コンタクトセンターを連携させた「ハイブリッド型運用」をご提案します。コール数に応じた柔軟な人員配置と業務管理により、拠点型センターと同等以上の応答率と品質、生産性を実現可能です。

在宅型コンタクトセンターの仕組み(イメージ)
在宅スタッフの対応エリア
対応業務内容
在宅スタッフの対応エリア

在宅型コンタクトセンターの導入メリット

全国から優秀な人材確保、離職防止にも有効

在宅スタッフは自宅で業務を行うので、地理的な制約なく全国から優秀な人材を募集できます。このため、人材確保や既存人材の離職防止にも有効です。

在宅スタッフの対応エリア
災害発生時におけるBCP対策効果
日本全国の在宅スタッフを活用する在宅型コンタクトセンターを平常時体制として組み入れておくことで、災害やパンデミック発生時の業務停止リスクにBCP対策効果を発揮する場合があります。2011年3月の東日本大震災発生の際にも、お客さま応対業務を中止することなく、1時間後には応答率90%以上に回復した事例があります。
東日本大震災発生時の応答率(2011年3月11日)
東日本大震災発生時の応答率

※上記は一例であり、全ての災害における効果を保証するものではありません。

運営コストの抑制を実現
業務量の増減にフレシキブルに対応可能な体制で、固定費を変動費化し、トータルコストの抑制も可能です。
運営コストの抑制比率

導入事例

  • 在宅型コンタクトセンター(注文受付)

    一次的に注文コール数が急増するテレビ通販。ピーク時の電話オペレーターとしてCAVA※1が対応し、応答率向上と受注数増加を実現。



お気軽にご相談ください。

お客さまの課題に応じて、最適なソリューションをご提供いたします。

Webでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ


お電話でのお問い合わせはこちら

ビジネス開発営業部

電話番号 050-3537-7776 / 営業時間 9:00〜17:30(土日祝日・年末年始を除く)

ページトップに戻る