読み込み中

在宅スタッフの活用で
企業の新しいカタチをつくる。

少子高齢化に伴う労働人口の減少が進む日本。

働き手の絶対数が減り、企業は、労働人材不足という大きな課題に直面しています。

そんな中で注目を集めているのが「在宅スタッフ」の活用。

在宅スタッフの活用は、今や企業に欠かせない選択肢となっています。

SCROLL

在宅スタッフ活用のメリットとは?

メリット1

居住地域にこだわらず、全国から
人材確保、離職抑止にも有効。

労働人材不足に拍車をかけているのが、地理的な制約です。「通勤圏内居住でフルタイム勤務が可能」という条件がないだけで、優秀な人材に出会える可能性はグンと高くなります。また、転居や出産、育児、介護など、さまざまな事情による既存人材の離職抑止にも有効です。

メリット2

自宅がワークスペース。拠点構築のコストを大幅に抑制。

例えば、拠点型コールセンターを開設する場合、構築、設備投資、運用に相当なコストがかかります。その点、在宅スタッフは自宅がワークスペース。1人分のネットワーク環境を整備するだけでよく、整備も在宅スタッフ自身が行います。コストを大幅に抑制することが可能です。

メリット3

少子高齢の時代に合致した、
先進的なワークスタイルの実践に。

在宅スタッフの活用は、欧米では一般的な「シェアリングエコノミー型ワーク」の実践です。国内でも、政府が掲げる「働き方改革」により関心が高まってきました。労働人口が減少し続ける中、企業が労働者の多様な働き方を受け入れることは、もはや必然。主婦やシニア層など新たな業務の担い手の掘り起こしにもつながり、企業にとっても大きなメリットがあります。

メリット4

地方創生や女性活躍、就業支援。
社会問題の解決に貢献。

地方での就業機会創出、柔軟な働き方の実現、人口減社会における労働力確保。在宅スタッフのビジネス活用は、日本社会が直面している様々な課題の解決に貢献できる事業モデルとして期待が寄せられています。上手に活用することで、経営的メリットとともに、企業の社会的価値も高められます。

NTTコム チェオの在宅スタッフが
選ばれる5つの強み

強みその1

研修育成と業務管理のデジタライゼーションにより、
拠点型スタッフと同等以上の品質・生産性を実現。

自宅で業務を行う在宅スタッフを活用するために、当社では、研修育成と業務管理のプロセスにおいて積極的にデジタライゼーションを推進してきました。双方向型遠隔研修の実施、トレーニング環境の導入、評価制度の設計をはじめ、在宅スタッフのモチベーションとサービスレベルを維持向上する取り組みにより、拠点型スタッフと同等以上の品質と生産性を実現しています。

また、在宅スタッフとの信頼関係強化やメンタルケアのための取り組みも、さまざまな方法で行っています。

在宅型コンタクトセンターにおける品質・生産性を維持向上する制度設計の例

強みその2

電話サポートから訪問サポートまで。
テクニカル系業務におけるスキルが強み。

NTTコム チェオの在宅スタッフの最大の強みは、インターネット検定「.com Master(ドットコムマスター)」資格保有者をはじめとする高度なICTリテラシー・スキル。この強みを存分に活かして、電話と訪問によるテクニカルサポート業務を行っています。「電話サポート」ではヘルプデスクやテクニカルサポート、「訪問サポート」ではPCやネットワークの機器設定と、様々な業務に柔軟に幅広く対応。具体的には、インターネットやモバイルサービス、ソフトウェアのテクニカルサポート業務などで活躍しています。

電話サポートスタッフ

テクニカルサポート以外にも対応!

PCなどの機器の設定やアプリケーションの利用方法などの技術的なお問い合わせに対応し、電話サポート業務を行うテレワークスタッフ。

対応事業例

ヘルプデスク、テクニカルサポート、受注受付、一般問い合わせ対応、データ入力など…

訪問サポートスタッフ

全国47都道府県に対応!

お客さまご指定の拠点を訪問し、IT機器やネットワークの設定・設置、点検・保守などの作業を現地で行うテレワークスタッフ。

強みその3

選考から業務開始までをWeb上ですべて完結。
全国の人材確保を可能にした「Webフロースルー化」。

全国からひとりでも多くの優秀な人材を募集するために、「Webフロースルー化」を実現。日本全国どこに住んでいても、在宅スタッフの申込から研修、業務開始までの全プロセスをWeb上で完結することができます。NTTコム チェオが全国から優秀な人材を確保できているのは、このためです。

教育カリキュラムも充実

人材の教育は研修制度化し、業務に合わせた適切なカリキュラムを構成しています。業務開始後も、定期的なフォローアップ研修などを実施し、スキルを磨き続けられる環境を整備しています。

強みその4

万全のセキュリティ対策で、
情報流出や不正を許さない在宅業務環境を構築。

在宅業務環境における情報セキュリティについても、万全の対策で臨んでいます。対応方法は業務によって異なりますが、データの残らないシンクライアント端末の利用、USB機能の制限、スクリーンショットや印刷の禁止設定、VPNによる業務システム接続、ワンタイムパスワードを適用する2段階のログイン認証、さらにはログ監視など、厳格なセキュリティ対策を実施しています。

強みその5

長年の実績と独自のノウハウに基づき、
貴社の要件に最適なテレワーク導入の支援も。

2002年設立以来、全国の在宅スタッフを活用した在宅型コンタクトセンター・訪問サポートなどを各企業に提供。テレワークにおいて長年の実績と独自のノウハウを持つ「テレワーク運用構築のエキスパート」である当社が、貴社の要件に最適なテレワーク導入を支援いたします。

テレワーク導入コンサルティング

業務内容、運用実態、課題などのヒアリングを行い、
貴社のテレワーク導入に必要な要件を定義し、具体的な導入方法をご提案いたします。

在宅型センターシステム提供

  • PBX・CRMシステムのご提供
  • 在宅用シンクライアント環境のご提供など

各フェーズ、必要部分のみの提供も対応可能です。

在宅型センター運用管理

  • 指標策定
  • 業務量管理(リソースコントロール)
  • 生産性管理
  • 品質管理サイクル(PDCA)

在宅スタッフマネジメント

  • 新規スタッフ募集・採用・育成
  • 在宅に移行した既存スタッフ管理
  • スタッフ別品質管理
  • 在宅スタッフ専用ヘルプデスク

実績と独自ノウハウを評価され、数々の賞を受賞!

第16回テレワーク推進賞「優秀賞」受賞 主催:日本テレワーク協会
第3回サービス・ホスピタリティ・アワード「最優秀賞」受賞 主催:企業情報化協会(略称:IT協会)

NTTコム チェオ設立は2002年。日本国内に先駆けてテレワークを導入した在宅電話サポート業務をスタートさせ、以来ブロードバンドの急速な普及・高速化に合わせて業務の改善やスキル向上の取組みを行いながら、成長を続けてきました。

NTTコミュニケーションズのインターネット・プロバイダ「OCN」の在宅型コンタクトセンター業務は、10年以上の運用実績を誇ります。こうした長年の取り組みと独自ノウハウを評価され、数々の賞も受賞。近年では2016年、日本テレワーク協会「第16回テレワーク推進賞」において優秀賞を受賞、同年、企業情報化協会「第3回サービス・ホスピタリティ・アワード」において最優秀賞を受賞しています。

「ひとり親就業支援」など、自治体と協力した
先進的な社会貢献を実践。

社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。

例えば「ひとり親家庭就業支援制度」では、ひとり親(母子・父子)家庭世帯を対象に、NTTコム チェオの在宅スタッフとして必要な研修や資格取得にかかる費用などをサポート。地方自治体や地元企業と協力して、支援を町ぐるみで事業化するという先進的な事例もあり、NTTコム チェオの在宅スタッフを活用した社会貢献事業モデルは、多方面から高い評価を得ています。

在宅スタッフをどう活用するか、
お客さまと一緒に考えたい。

労働人材不足の解消、優秀な人材の確保、コスト削減、そして社会貢献。
在宅スタッフは、企業が抱える人材の問題をメリットに転換できる、大きなチカラを秘めています。
そして、その活用方法次第で、メリットをさらに拡大できる可能性も持っています。

日本社会の状況と照らし合わせてみても、企業がこのリソースを活用しない手はありません。
今後ますます、在宅スタッフへの需要は高まっていくはずです。

いま考えるべきは、在宅スタッフを「導入する/しない」ではなく、「どう活用していくか」です。

NTTコム チェオには、長年の実績とノウハウがあります。
企業の新しいカタチをつくるために、在宅スタッフの最適な活用方法をお客さまとともに考えます。
お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

お気軽にご相談ください。

お客さまの課題に応じて、最適なソリューションをご提供いたします。

Webでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ


お電話でのお問い合わせはこちら

ビジネス開発営業部

電話番号 050-3537-7776 / 営業時間 9:00〜17:30(土日祝日・年末年始を除く)