企業の課題解決のヒント&ノウハウ

オンサイト運用サービスとは?
メリットや確認事項について

オンサイト運用サービスとは?メリットや確認事項について

オンサイト運用・保守サービスとは、企業のIT業務を一括して請け負うサービスのことです。お客さまのお問い合わせを受けるコールセンター事業やリモートセンターでは、社内や事業内にエンジニアがいないという環境も多くあります。また、IT関連の業務に人材を割けない企業もあるでしょう。そのような場合は、オンサイト運用・保守サービスを活用することで、無理なく新しい技術やサービスを取り込むことができるようになります。

オンサイト運用サービスとは?

オンサイト運用サービスとは?

オンサイト運用サービスは、企業のITに関する業務を外部委託できるサービスのことです。「オンサイト=現地で」という言葉の通り、訪問または常駐にて企業のITに関する困りごとを解決します。

オンサイト運用サービス(ITアウトソーシング)とは?

オンサイト運用サービスは、ITアウトソーシングとも呼ばれます。IT機器やネットワークに異常が発生した場合、またはトラブルがあった場合に、企業に技術者を派遣して修理・点検を行うのがオンサイト運用サービス(ITアウトソーシング)です。

データなどのIT化が進み、企業の大小にかかわらず、数多くの企業がさまざまな技術を導入しています。ところが、IT関連業務には専門知識や技術、ノウハウが必要になるため、ITシステムの自社運用に難しさを感じている企業も少なくありません。

社内で対応しようと思っても、IT関連業務を行う人材を採用したり、人材を育成したりするのはとても大変です。ITシステムの運用を自社で内製してコストダウンを図ろうと思ったのに、人件費などの固定費でかえってコスト高になってしまうこともあります。内製にかかる時間とコストを考えると、外部委託で支援してもらうほうが効率的であるケースも多々あります。社内の人材は自社のコア業務に集中させて、外部の専門家にIT関連業務を任せることは、生産性の向上にもつながります。

ITアウトソーシングの種類

ITアウトソーシングには、次のような種類があります。

フルアウトソーシング

ITに関する業務のほぼすべてを外部に委託するのがフルアウトソーシングです。企画、設計、開発、監視、運用のすべてを外部に委託することができます。

運用アウトソーシング

システムのインフラ部分の運用を外部に委託するのが運用アウトソーシングです。サーバーやOS、導入したシステムの運用などを行います。IT化を目指して新しいシステムを構築したものの、使うだけで精いっぱいでメンテナンスは難しいというケースにも対応します。

ホスティング

ホスティングでは、サーバーやファイルを補完するストレージの準備、運用、保守、機能強化などを行います。自社でサーバーを用意すると、メンテナンスやトラブルの際にサーバーやサービスを停止しなければなりません。外部サーバーを利用することで、安定した運用とコストダウンが図れます。

ハウジング

ハウジングでは、サーバーや通信機器を各種ベンダーに預け、メンテナンスや保守管理も預け先に委託します。ハウジングの場合、サーバーや機器は自社で用意する必要があります。

オンサイト運用・保守サービスを利用するメリット

オンサイト運用・保守サービスを利用するメリット

ITに関する業務を委託できるオンサイト運用・保守サービスを利用することで、どのようなメリットが得られるのか詳しく見ていきましょう。

運用・保守 アウトソーシングのメリット

IT関連業務の運用・保守を外部に委託することで、社内のIT業務に関するさまざまなコストを削減できます。社内SEの採用にかかる金銭的・時間的コストを削減しながら、社員はプロの運用のもと、安心して社内業務や経営に注力できるようになり、生産性の向上にも役立ちます。

また、専門的な知識と技術を有するプロがIT業務を行うことで、ITシステムのガバナンスが強化されます。システム障害や各種トラブルなどのリスクを軽減することができるのです。市場で騒がれている情報漏洩リスクやセキュリティーへの不安なども、外部委託で解消されます。

オンサイト運用・保守サービスを利用する際の確認事項

オンサイト運用・保守サービスを利用する際の確認事項

オンサイト運用・保守サービスを利用する際には、事前にいくつか確認しておくべきことがあります。委託する会社を選定する前に、まずはアウトソーシングの目的と委託する範囲を確認しましょう。現在の運用の問題点の抽出や現行のシステムの構成を確認できる資料も必要です。これらの準備が整ったら、いよいよサービスの選定に入ります。

サービス利用前に確認すべきこと

ITシステムの運用・保守を行うオンサイト運用・保守サービスを選定する際には、自社で抱える課題を解決できるスキルを持っている会社かを確認する必要があります。前述したアウトソーシングの目的と範囲や現在の運用の問題点と照らし合わせて、委託後にどのような効果や成果が上がりそうか、運用効率は向上しそうかを事例などを参考にして必ずチェックしましょう。

新規サービスの導入が、既存の業務フローに大きな影響を与えないかという視点も大切です。自社の業務フローと親和性が高く、業務に影響を与えないサービスなら運用がよりスムーズになります。

また、サポート体制についても確認しましょう。平日のコアタイムに限らず、早朝深夜、土日や祝日でも対応してもらえるかもチェックします。システム導入の際には、従業員向けの研修があるサービスだとより安心です。

まとめ

オンサイト運用・保守サービスを活用すると、IT関連の業務を外部に任せることができます。自社だけでは対応が難しかったシステム障害の対応やセキュリティーの強化などへの不安も解消されます。

IT化によって、企業は多種多様な機器やソリューション、製品の導入と運用に大きなコストと時間をかけています。一方で、国内の慢性的な人材不足により、IT専門の部門を設立しても採用を行うのは難しいでしょう。オンサイト運用・保守サービスを使ってIT関連業務をアウトソースすれば、コスト削減と生産性向上の両方を狙えます

ページトップに戻る